トップ / 意外と知らない自転車交通ルール

自転車保険の重要性

意外と知らない自転車交通ルール

自転車交通ルールを再確認する

平成27年には大幅な自転車走行に関する道路交通法の改正が行われました。これまでの自転車交通ルールを踏まえて、守れていない人には罰則規定を追加し更に厳しくなっています。自転車は手軽な乗り物だという感覚から、「これは許されるだろう」と勘違いをされている交通ルールもいまだに多くあります。ここで、一旦自転車交通ルールをおさらいしておきましょう。

まず、「今日は飲み会で運転できないから自転車で行くわ」。これは完全にアウトです。自転車は軽車両ですので、飲酒運転はしてはいけないのが決まりです。自動車の悪質な飲酒運転事故が多発した時期に、撲滅運動やキャンペーンでアナウンスされていたこともあり、自動車の飲酒運転をさせないという意識は徹底された風潮がありますが、自転車も例外ではありません。

そして、自転車は車両に当たる乗り物ですから、原則車道走行です。歩道と車道の区別がある箇所では、必ず左側走行で車道を走りましょう。歩行者は右側通行が基本ですので、お互いに向かい合わせになるため、事故を防ぐ効果があります。自転車人口の急増を受けて、歩道整備の一環で自転車走行レーンを設けている場合があります。その時は、標識や標示で指定されている場所を自転車で走るのが原則です。一部やむを得ない場合は歩道を走行しても良いという例外もあります。

最近多いのが携帯電話を操作しながら、またヘッドフォンをつけて音楽を聴きながら自転車運転をしている人です。画面操作や音楽の「ながら運転」で注意力が低下し、他の車両を発見が遅れる原因となるため禁止されています。またこれらは罰則規定で5万円以下の罰金となります。

そのほかには、片手運転や一時停止無視、二人乗り、無灯火運転、並走も危険行為として罰則の対象になっています。危険を感じる場所では必ず徐行を心がけ、安全運転で快適な自転車走行をしましょう。