トップ / おすすめの自転車保険を紹介

自転車保険の重要性

おすすめの自転車保険を紹介

自転車事故に備える自転車保険

気軽に乗れるし子供も運転できるくらいだから、もし自転車事故を起こしても大した事にはならないだろう・・・そう安易に考えるのは良くありません。多くは軽微なケガや、相手へその場でお詫びする程度のものかもしれません。ただ、相手が転んでケガや傷をひどく負ってしまったり、うちどころが悪く命にかかわる大事故になる可能性もあるのです。

そこで、一人ひとりが事故を起こす可能性に備えるという重要性が高まっています。自転車に乗る頻度が高い人は、万が一の自転車事故に備えて自転車保険に加入しておくと安心です。自転車事故に備えた自転車保険とはどのようなものがあるのか、どの程度の補償額が必要で、どのくらいの保険料になるのか、保険の重要性を考えて自分にあったプランを比較してみるとよいでしょう。

自動車保険大手の三井住友海上保険では、インターネットで申し込みが出来る自転車保険を扱っています。「ネットde保険@さいくる」という保険商品で、これは自転車保険という名前が付いていますが、自転車に限らずあらゆる交通事故に対応した保険です。死亡保障500万円に入院時日額6,000円、手術や後遺障害の保険金にも対応していて、万が一事故を起こして相手に法律上の賠償責任を負ってしまった場合も、賠償額1億円を限度として補償してくれるプランがあります。

保険会社が示談交渉も行ってくれて、保険料は年間4,490円(月額375円)となり、他の自転車保険と比べると若干高めです。AUやセブンイレブンなど他の保険会社もありますが、通院日額の補償が無い、死亡保険金や入院の補償額が低いなど、各社価格と補償内容にばらつきがあります。また、本人のみではなく家族も合わせて補償してくれるプランもありますので、条件に加えて検討してみると良いでしょう。