トップ

自転車保険の重要性

自転車事故を起こしてしまうと

自転車事故につく責任とは

毎日の通勤通学や買い物、ちょっとした日常の移動手段として、子供から大人まで幅広く利用しているのが自転車です。子供のころ、補助輪を外す練習を何度もしてやっと二輪の自転車に乗ることができるようになった、懐かしい記憶をお持ちの方も多いでしょう。

早い人は小学校低学年から、慣れ親しんでいる自転車ですが、最近は自転車と自動車道、そして歩行者の安全を考えた街づくりをしている地域も多くなっています。会社へ通勤する時は自転車で最寄りの駅まで行き、電車や地下鉄を乗り継ぐという人にとっては、自転車は生活のシーンでなくてはならないものです。

でも、毎日自転車に乗って移動していると、うっかり十字の路地で出会いがしらに人とぶつかりそうになった、自動車の脇をすり抜けようとしたら歩行者に気付かず接触しかけた・・・など、ひやりとした場面を経験した人も多いはずです。自転車保険加入をお考えならこちら。

自転車は子供も乗ることが出来て、単に手軽で便利な移動ツールととらえられがちですが、万が一自転車で事故を起こしてしまった場合、思わぬ事態に陥る可能性があります。
気軽さゆえ、罪の意識が低くなりがちですが、自転車事故は刑事上の責任を負い、また相手が負傷したら、民事でその賠償もしなくてはなりません。傷の具合やうちどころによっては入通院が長くなり、膨大な医療費がかかる可能性もあります。その負傷に対する迷惑料や損害賠償を含めると、仮に責任能力が低い未成年でも民事事件では数千万円という賠償額を求める裁判例もあるのです。

自転車に乗っていた子供が高齢者をはねてしまった事故では、一億近い損害賠償額が判例で残されています。自転車は乗っている人の責任能力の有無は関係なく、車両の一種であるので歩行者と比べて罪が重くなるのです。万が一の自転車事故に備えて自転車保険を準備して、備えておく必要性は高くなっています。